ホーム » ブランシェだより

ブランシェだより

札幌の結婚式場・ウエディング情報サイト「ブランシェ」から、
結婚式にまつわる情報を配信します

出産祝い

皆さんこんにちは^^

春ですね!!

外暖かい♪

花見ももう少しですね。

 

さて、結婚式のことをいつも書いていますが

今回は、出産祝いについてご紹介したいと思います。

 

gift_syussaniwai_ph02

 

まずはお祝いっていつ頃行ったら良いのか悩みますよね。

良いとされているのは、

お七夜がすぎてから行くようにしましょう。

出産は女性にとって、大変な事柄のひとつです。

それだけに産後1週間くらいは

産婦を十分に休ませてあげる心づかいが大切です。

ご両親やご兄弟はともかく、

親戚・友人・知人の皆様は1週間後のお七夜が

過ぎてからお祝いに行くようにしてくださいね♪

また、伺う時間帯は昼間の方が良く、

長居をしないというのが大切です。

 

image

 

そして赤ちゃんには、生まれて7日目に名前を付けてあげます。

赤ちゃんが生まれてから7日目の夜を七夜とか、お七夜といいます。

この日に名前をつけて親戚や知人に披露します。

父親や家人は、このお七夜で

お産の“忌”から解放される、という言い伝えがあります。

 

naming

 

名前が決まったら、命名書を書きます。

半紙に書いて床の間か、赤ちゃんの枕元の近くに貼ったりしてますよね。

正式には、奉書三つ折りにして

中央に赤ちゃんの名前、右肩に父親の名前と続柄

左下に赤ちゃんの生年月日を記します。

さらに、その左側に命名日と父親の姓名を書き

表に「命名」と書き、三方にのせ神棚や床の間に供えます。

そしてわが子の無事と前途の幸福を祈ります。

 

結婚や出産は人生において重大な事柄ですので

これから控えている皆さま、大変かと思いますが

応援しています!

無理しすぎず頑張って下さいね^^

 

鈴木