ホーム » ブランシェだより

ブランシェだより

札幌の結婚式場・ウエディング情報サイト「ブランシェ」から、
結婚式にまつわる情報を配信します

✣シャンパンの乾杯に込められたロマンチックな由来✣

みなさん、こんにちは(^^)☼

パッとしない天気が続いていましたが、今週からはいいお天気が続きそうですね♪

7月は花火やビアガーデンなど、屋外でのイベントが多く開催されるので、

浴衣姿も多く見かける季節になりますね♡

 

さて、今回は結婚式の披露宴の始まりの合図、”シャンパンの乾杯”のロマンチックな由来をお伝えします♡

これは、披露宴を和やかムードでスタートさせる為の重要な場面ですよね♩

しかし、なぜ”シャンパン”で乾杯をするのか、みなさんはご存知ですか??

実は、とっても幸せな由来と意味が込められているのです♡

グラス

ⅰ.シャンパンの発祥について

“シャンパン”の発祥地は、フランスのシャンパーニュ地方で、

フランスのシャンパーニュ地方で作られたものしか”シャンパン”と呼ぶ事ができず、

それ以外は「スパークリングワイン」や「スプマンテ」等の名前になります*

 

Ⅱ.シャンパンの泡

フランスのシャンパーニュ地方では、シャンパンの泡に「幸せ」という意味があるそうです♡

シャンパンをグラスに注ぐと、グラスの中で、泡が下から上へと止まることなく流れていくのは、

「幸せが下から上へと半永久的に止まることなくずっと続いている」という意味♡

また、シャンパーニュ地方では、シャンパンの泡を星に見立てて「星を飲む」という表現もあるそうです✩

とてもロマンチックですよね♡

 

Ⅲ.グラスの音

グラスを合わせると「チーン⋆」と音がするガラス製のシャンパングラス*

実はこの音にも由来があるのです♬

グラスとグラスを合わせて音を出す乾杯は一種の魔除けと言われています*

悪魔はグラスをぶつけあう音を嫌うので、近づかないようにする為に行います!

おめでたい時にシャンパンの乾杯をすることにはこのような意味が込められていたのですね!

 

Ⅳ.シャンパンの泡の音

シャンパンを注ぐと、パチパチという音が聞こえてきますよね♬

その音は「天使の拍手」であるという言い伝えが古くから存在します♡

結婚するお二人を祝福している音ですね♩

 

IMG_0857-

 

このように、結婚式の披露宴で提供されるシャンパンにはロマンチックな由来があったのです♡

これを知っていれば、HAPPYな気持ちも倍増ですね✩