ホーム » ブランシェだより

ブランシェだより

札幌の結婚式場・ウエディング情報サイト「ブランシェ」から、
結婚式にまつわる情報を配信します

ジューンブライド

“札幌の結婚式場情報『ブランシェ』”のブログをご覧のみなさん、こんにちは!(^^)

「6月に結婚すると幸せになれる」と言われているジューンブライド、
みなさまもよくご存知かと思いますが、その意味や由来はご存知でしょうか?
日本の6月は、梅雨でじめじめしたイメージがありますが、ジューンブライドはヨーロッパが発祥でした。
由来は大きく分けて3つあります。

リングピロー

①ギリシャ神話
ギリシャ神話にユノー(Juno)という名前の女神がいます。
ユノーは、女神の結婚・出産をつかさどる女神として古くから崇められてきました。
また、ユノーは6月の語源にもなっており、6月の女神として知られています。
この2つのことから、6月に結婚するとユノーの加護を受けることができ、一生幸せな結婚生活を送ることができるとされました。

②ヨーロッパの気候・季節
ヨーロッパでは6月は、1年で最も雨が少なく、気候がとても良い時期。
復活祭やイベントなどが行われているため、お祝いムードに満ちたこの時期に結婚すると、幸せになるとされました。

③結婚解禁月
ヨーロッパでは、3月~5月までは農作業シーズンで多忙であるため、結婚することが禁止されていました。
そのため、結婚禁止がとけた6月に挙式をする人が多くなり、6月の結婚が良いものとして広まりました。

IMG_0158

素敵な由来を持つジューンブライド♡
結婚式の時期でお悩みのカップルは、ぜひ6月に挙げてみてはいかがでしょうか?