ホーム » ブランシェだより

ブランシェだより

札幌の結婚式場・ウエディング情報サイト「ブランシェ」から、
結婚式にまつわる情報を配信します

花嫁の立ち居振る舞い

ウェディングドレスを綺麗に見せるのは

ズバリ、花嫁の立ち居振る舞いにあります!!

今回は結婚式には必ずやってほしい

花嫁立ち居振る舞いのポイントをご紹介します^^

 

新郎新婦で並ぶときは、漢字の“八”の字を意識します。

お互いが内側の肩を引き、少し重なるようにします。

新婦様は新郎様のやや後ろに引きましょう。

 

compressed_05387681-0628-49e4-bea7-448fd6a6b5fd

 

そうすると美しい立ち姿になります。

姿勢が悪いとドレスの裾が下に下がってしまい

踏んでしまう原因にもなりますので、注意しましょう。

頭のてっぺんを天井から紐で

ピーンとひっぱられているようなイメージを常に持ってください。

美しいシルエットがキープされます♪

 

次に、座り方ですが

椅子に座る時は気持ちやや斜めに、浅く腰掛けます。

脚はさりげなく流し、顔は正面にします。

 

compressed_8db07f7d-369e-4d21-af0e-8de99edf52e1

 

続いて、ブーケの持つ位置です。

 

c0a5c9169219da8a2d71bfd766c306b3

 

花の中心がいつも正面にくるようにして

おへその位置で持ちます。

これより上の方で持ってしまうと

肘が張ってしまい、非常に不自然に見えます。

また、ウエストのくびれを隠してしまい寸胴に見えてしまいます。

結婚式当日の立ち居振る舞いで

より美しくより綺麗に見えるように頑張りましょう♡

普段から少しずつ練習しておくと良いですね^^

ブライダルインナーも、少し前からつけて

体に慣れさせておいた方が良いそうですよ♪

では、素敵な結婚式をお迎えくださいね!!

 

鈴木