ホーム » ブランシェだより

ブランシェだより

札幌の結婚式場・ウエディング情報サイト「ブランシェ」から、
結婚式にまつわる情報を配信します

北海道の結婚式って・・・

こんにちは

今日はとってもいいお天気で、思わずドライブに出掛けたくなります

さて、皆さんは”北海道の結婚式”と聞くと何を思い浮かべますか
「大自然の中での結婚式」とか「雪の中での結婚式・・・」はたまた「沢山の自然をバックに
ロケーション撮影!」なんて言うのを思い浮かべて、ご結婚式を決められる本州のご新郎
ご新婦も多い事と思います

本州のご新郎ご新婦が札幌で結婚式をしようとした際、一番驚かれる事・・・
それは「会費制」と言うこと

「会費制の結婚式」とは、ゲストから一律の会費を頂く披露宴で、北海道のカップルのほとんどが
この「会費制」で行っています

その他の地域ではほとんど見られない「会費制」の結婚式がなぜ、北海道だけ行われるように
なったと思いますか

それは、北海道の開拓の歴史と深い関係が・・・

その昔(明治時代の頃)、北海道は屯田兵によって、開拓されました。
その頃の開拓民たちは生活が貧しく、ご新郎ご新婦も結婚式を挙げられない程・・・

そこで、近所の住民たちが「せっかくのお祝い事だから!」と大勢の人たちに声をかけて
お金を持ち寄り、お祝いをしてあげよう!というのが「会費制」の始まりと言われています

今の札幌での会費の相場は一人15000円前後・・・

お料理も一昔前は「卓盛り料理」と言う回るテーブル(中華テーブルのようなもの)に大きなお皿で
盛られ、みんなで取り分けるスタイルだったのが、今はフレンチ、もしくは和洋のフルコースを希望
されるカップルが多いのだとか・・・

時は流れ、会費やお料理は変わっても、開拓者たちの”助け合いの気持ち”だけは根強く残って
いるのですね