ホーム » ブランシェだより

ブランシェだより

札幌の結婚式場・ウエディング情報サイト「ブランシェ」から、
結婚式にまつわる情報を配信します

美しい花嫁になるメイクのポイント

みなさん、こんにちは。

一生に一度の大切な結婚式、そして新郎新婦が主役の一日。

特に素敵なウェディングドレスを身にまっとた新婦さんは

一番の注目を浴びます。

ドレスやアクセサリーも大切ですが、当日のメイクも同じくらい重要です。

とっておきのウェディングメイクで誰よりも可愛い花嫁さんを

目指したいですよね。

ナチュラルで華やか...そんな理想のメイクを実現する

ポイントを紹介致します。

 

その1 普段のメイク方法を伝える

67

結婚式ではプロのメイクさんにお願いするのが一般的です。

自分に合わないメイクや、自分のチャームポイントや好みなどを

あらかじめ担当のメイクさんに伝えましょう。

「きつく見えるのでアイラインは黒ではなく茶で」や、

「目が腫れぼったく見えるのでピンク系のアイシャドウは使わないで

ほしい」など細かく伝えましょう。

普段のメイクを伝えることで、仕上がった時のマイナスのギャップを

防げるので、しかっりメイクさんとコミニュケーションを

取りましょう。

 

その2 丁寧なベースメイク

compressed_6390d1f6-7606-44ed-a6e0-69e566e6c790

普段は気にならないシミやそばかすも華やかなウェディングドレスを

着ると気になってしまうもの。

美しい肌作りが透明感のある花嫁さんを演出してくれます。

そしてスポットライトで照らされ汗をかいたり、笑ったり、

泣いたりと長い一日を過ごしますよね。

化粧崩れ防止のためにもベースメイクは重要です。

 

その3 気持ち長めのまつ毛

compressed_a50bac44-cf6c-42f5-8bf2-3e1eba08cb31

披露宴では伏し目や横顔の写真を撮られることが多いです。

美しい状態でいるために、つけまつ毛等の下品にならない程度に

長さを出すのが大切。

 

その4 非日常を演出する

1029b92654f66163e00567a5f8b44011

結婚式は特別な日だから、普段と同じメイクではドレスや

アクセサリーに負けてしまいます。

ですが少し濃いめのメイクをしてしまうと単純にただの

ケバいメイクになってしまいます。

いつもはあまり色を使ったメイクをしない方も

ドレスに合わせて使ったことのないカラーメイクに挑戦してみたり

普段より多めのラメを使うのもおすすめで、ラメはキラキラと輝き

顔を華やかに演出してくれます。

 

その5 血色がよく見えるチーク&リップカラー

 

compressed_8e9da7f0-8d19-49e7-8af4-1e614884530e

 

ハッピーオーラ全開の愛されメイクは血色がよく見える

チークやリップを使いましょう。

ピンクなど薄すぎない色を程よく顔にのせましょう。

より華やかにしたいのなら、真っ赤や鮮やかな色の口紅に

ポイントを置くのも効果的。

その時はアイメイクをナチュラルカラーにして主張する場所は

1ポイントにとどめておきましょう。

 

その6 涙対策は万全に

 

cfbab5c3d8fb97661437395919d3b6d4-e1414754583605

 

結婚式ではつい涙をこぼしてしまいそうな感動的なシーンが

たくさんあります。

美しい感動的なシーンなのに、ふと花嫁に目をやると

マスカラはとれて、ファンデーションはドロドロ...

 

normal

 

こんな悲惨な事態は避けたいですよね。

ウォータープルーフの化粧品を使うのはもちろんのこと

普段から涙でマスカラが落ちやすい人はまつ毛エクステが

おすすめです。

 

2c5db90cca45b5dbf9c28fbd2ac2a126

 

結婚式は一生に一度だからこそ後悔を残したくないですよね。

自分のなりたい理想の花嫁メイクをしっかりイメージして

誰よりも美しい花嫁になりましょう。

 

鈴木